笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ

龍馬伝・・・これで最後・・・

龍馬伝がこれだけ盛り上がったのは龍馬自体に思い入れのある人が多いからだと思います。

司馬さんの龍馬像にある程度挑戦したドラマでした。

過去、個性的な龍馬は私の知る限りでは、萬屋錦ノ介や原田芳雄がその代表格ですね。ただし、この二人は独自の世界観を描き出せる個性がありましたが・・・

中岡慎太郎(上川)も途中からいきなり出てきて、そのあとスポット的な出演だったので、暗殺時に感情移入ができないんですよね。

川上隆也さんはキャラメルボックスの頃から好きな役者さんですが、中岡慎太郎・・・って感じではなかったような・・・まだ、あくの強い役者が良かったですね。
a0103230_23201310.jpg
結局、龍馬との親密度が高かったのは、お元などの女優さんたちなんです(笑)

脚本家が何を狙ったのかが解からないドラマでした。かなり、視聴率を意識したのかな?
たぶん、韓流ドラマ路線を意識して龍馬伝が途中まで龍馬女性遍歴伝になったと思います。
だって、最後が「うーみ❤」ですから(笑)
a0103230_23182199.jpg

龍馬が人間臭くなかったのも違和感がありました。特に酒の席です。たぶん、福山龍馬は泥酔した演技が苦手だったのでしょう。酒好きの龍馬なのに福山龍馬がべろんべろんの状態はほとんど記憶にありません。

弥太郎の父親が泥酔した時も、あの違和感のある愛想笑いでなだめてました(龍馬の休日かな)
もっと、人の懐に飛び込んで一緒に泥酔するシーンが見たかったです。お龍との約束をすっぽかして奇兵隊の隊員と飲んだ時もそうだったし・・・

さて、気持ちを切り替えて「坂の上の雲」に集中します。そして、選挙があるときはBSで・・・
いや、地上波であえて見ましょう。NHKに突っ込むためにも(笑)

香川さんが正岡子規役で出演しているんですが・・・正岡子規は顔をさかさまにして歯をギリギリ言わせながら死なないでください037.gif
[PR]
by tatsurou0924 | 2010-12-02 23:24 | ドラマ