笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ

仁義なき戦いの名優逝く・・・

昭和の名脇役、遠藤太津朗氏が亡くなりました。
a0103230_1294473.jpg

銭形平次などの出演が有名ですが名作「仁義なき戦い」の明石組(山口組がモデルです)幹部役が印象的です。

仁義なき戦いはほんまもんのヤクザ(映画では菅原文太が演じている)の美能氏が網走刑務所で書いた実話です。それを飯干さんが小説にしたんですが、映画の脚本は絶賛されてます。

脚本家は笠原和夫氏。二百三高地、零戦燃ゆ、宇宙戦艦ヤマト完結編なども手掛けているそうです。

この、仁義なき戦いは広島弁のシェークスピアと言われているほど名言の宝庫です。

役者陣もすごい。菅原文太、小林旭、金子信雄、梅宮辰夫、松方弘樹、北大路 欣也、成田三樹夫、千葉真一、田中邦衛・・・などなど今の役者が総力を結集しても再映画化不可能です。

平日の夜中に妄想してみた。ごろごろ~、ごろごろ~
あーあ、平清盛が広島弁の菅原文太だったらなぁ~・・・・

「義朝を殺(と)っちゃるけんの!」

「都にに武士はふたつもいりゃあせんのじゃ」 

「重盛も、このへんで男にならんと、もう舞台は廻ってこんぞ」

「武士の喧嘩いうたらトルかトラれるかの二つしかありゃぁせんので」

「上皇さん! アンタはわしらが担ぐことにした神輿じゃないの。神輿が勝手に歩けるゆうなら歩いてみいや、オウ!」

仁義なき戦いの名セリフに平清盛をあてはめてみました。どーですか!こちらの方が武士らしくて、きいていて歯切れがよく、話の展開が面白そうでしょ。

泣き虫侍は見たくないんじゃ。いーかげんに泣くの止めとけや!


a0103230_1301661.jpg

           こんな、凄みのある映画やドラマはもう、つくれんのかのう!




豆wiki知識
「キネマ旬報」は2009年(平成21年)に実施した<日本映画史上ベストテン>「オールタイム・ベスト映画遺産200 (日本映画編)」に於いて、本作を『東京物語』、『七人の侍』、『浮雲』、『幕末太陽傳』の古典的名画に次いで歴代第5位に選出した。
[PR]
by tatsurou0924 | 2012-07-13 01:23 | 映画