笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ

ゴッド・ファーザーパートⅡその3

この映画のシリーズは単なるマフィア映画ではありません。暗殺シーンがよくクローズアップされますが、このシリーズは間違いなく
「泥臭い人間ドラマ」です。

a0103230_22342815.jpg
みんなで楽しく食事して語らっていたあの頃・・・


親子の絆、兄弟の絆、夫婦の絆・・・一番確かなのは親子の絆、そして兄弟、夫婦。そう、血のつながりが濃い順番です。親や兄弟は絶縁しても血のつながりは消せませんが、夫婦は離婚すればの他人です。


a0103230_22334666.jpg


a0103230_2234159.jpg





血のつながり・・・イタリアンマフィアは血縁や同郷者を大事にしました。きっと、損得勘定による裏切りが少ないからでしょう・・・


父、ビト・コルレオーネの後を継いだマイケルがこう言います。
「仲間と言ってもビジネスだ。皆、損得勘定での忠義立てだ。パパが言った。相手の立場になって考えてみろ。そうすればすべてがわかる」
a0103230_22345167.jpg



損得勘定のない関係・・・この物語で何の損得もなしに家族と仲間を思った人がいました。母親カーメラ・コルレオーネでした。彼女の死とともにコルレオーネ家は崩壊します。

損得勘定にあわない人間=敵をマイケルは力でねじ伏せました。苦悩するマイケル(アル・パシーノ)のアップでこの映画は終わります。
a0103230_22351160.jpg



パートⅡはゴッドファーザーシリーズの中で一番好きな作品です。
ま、明るく希望のある映画じゃないっすけど(笑)・・・たまにはこの手の映画を見ていろんなことを考えるのもいいかもしれません。ほんで、最後に思うのが「TAKE IT EASY!」(お気楽が極楽だ!)やっぱ、これっしょ!


a0103230_22375076.jpg

[PR]
by tatsurou0924 | 2007-09-19 22:50 | 映画