笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ

<   2007年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

a0103230_23504519.jpg月蝕中の月






皆既月蝕、初めてまじまじと見ました。子供の頃は「怪奇」月蝕と思っていました。

宮崎の今日の上り始めの月は薄っすらと赤くて木星見たいでした。

やっぱり、地球は銀河系のポツンと漂っている惑星なんだと感じる今日、この頃です。


a0103230_23545250.jpg
月蝕翌日の今日の月、まるでジュピターですね。
[PR]
by tatsurou0924 | 2007-08-29 23:57 | 宮崎 | Comments(0)
*注意)「なま知事」の濁点を取って発音すると、このブログのジャンルが別物になってしまうって思っているあなた!「ちぢ」じゃなくて「ちじ」です。
a0103230_0245789.jpg


宮崎市内の某宮崎小学校の夏祭りにきました。8/25の6:30くらいに出現!握手はするし、トークで盛り上げるしで会場はわぁーわぁー状態・・・さすが、小島よしおと並んでいま日本で一番旬な人ですね。


               でも、そんなの関係ぇねぇー、はい。オッパッピー!


小島よしおは一発屋でも、

                 東国原知事はまだまだ、
 
                         がんばってもらわんといかん!
[PR]
by tatsurou0924 | 2007-08-27 00:27 | 宮崎 | Comments(0)

1974年の名画たち・・・1

名作が、必ずしも面白いとは限りません。(人それぞれですからね) また、大ヒット作が名作とも限りません。(なんたらクルーニーの「オーシャンズなんとか」とか・・・)


a0103230_23374490.jpg        若きコッポラ

この年はコッポラ(「ゴッド・ファーザー」)の年でした。「ゴッドファーザーPARTⅡ」でオスカーを3個もGET。そして「カンバセーション・・・盗聴・・・」でカンヌの最高賞受賞!・・・そう、コッポラは面白い名作を2本も作ったんです。


その 「カンバセーション・・・盗聴・・・」はジャック・バウアー並の暴走男、ジーン・ハックマンが主演しています(笑)!ところが・・・「フレコネ」や「ポセアド」の様なキャラをがらりと変えて抑え目の演技で役を演じています。サックスなんかいい感じで鳴らしたりしてかなりいい芝居していますよ。

a0103230_2336562.jpgハリーコール(ハックマン)

監督のコッポラはハックマン演じる主人公:ハリーコールについてこう述べています。
「まずは主人公の人物像だ。彼は盗聴屋になって20年。自分の仕事に対し、良心の呵責を感じ始めているが言葉では否定している。「俺は録音するだけだ。何も関係ない」とね。
だが、主義に反して深入りし、責任の重さに苦しみ始めていく・・・」

この人物像はコッポラとハックマンで作り上げました。


a0103230_23363329.jpgおとなりはそう!ハリソン・フォード


そう、この話は盗聴のプロの話です。ある依頼主からあるカップルの盗聴を依頼されます。良心の呵責に苦しむ彼は、この件に深入りしていきます。そして、見てはならないものを見てしまうのです・・・


a0103230_2338131.jpg



現在の映画のようにド派手で巧妙にこれでもか~と不安をあおる演出もありません。今のサスペンス映画が調味料をたっぷり入れた料理とするなら、この映画はシンプルで味付けは塩だけみたいな感じです。(どっちがいいとは言いません。好きな味付けってありますから)ラスト、途方にくれたハックマンがサックスを吹くシーンはいいシーンです。

しかも、ルーカスと組んだ「アメグラ」や「GF」に出演した役者をさりげなく登場させています。



a0103230_2337847.jpg
ゴッド・ファーザーに出てます。個性派のジョン・カザール




a0103230_23372852.jpg







わたし、アメリカン・グラフィティに出てます。



a0103230_011765.jpgゴッドファーザーにでたロバート・デュバルはほんのちょい出演


この映画は良質のサスペンスです。サスペンス好きの方にはウルトラおすすめです。
ちょい、涼しくなる・・・・鴨。
[PR]
by tatsurou0924 | 2007-08-25 23:35 | 映画 | Comments(0)

その通り~!

このCMは名作です

a0103230_2233353.jpg



a0103230_223340100.jpg


オレはジャックバウア~ 常に大ピンチ~
オレはジャックバウア~ なんだかんだ死なない~♪

オレはジャックバウアー キレやすいオトコさ~
オレはジャックバウアー 意外と泣き虫~♪

オレはジャックバウアー 誰の指図も受けない~
オレはジャックバウアー そしてみんな巻き添え~♪


a0103230_2234112.jpg



a0103230_22342312.jpg




「24」を見ている人は皆思っていることです(笑) 死なない人なんです。死んでも生き返るんです!ゾンビかっ!確かに、すぐ切れます・・・そうそう!みんなを巻き添えにするのが得意です。

カロリーメイトもジャックが出ていましたが、中途半端な突っ込みで失敗作でした。しかし、この「ジャックの歌」ぐらいボケてくれると、そうそう!とのれますね。

24日はジャックの日です!

a0103230_22344117.jpg
[PR]
by tatsurou0924 | 2007-08-23 22:17 | 映画 | Comments(4)
1973年はすごい年でしたね。名作、佳作が多い年でした。アメリカ映画以外でもフランスのトリュフォー監督の「映画に愛をこめて  アメリカの夜」、スウェーデンの名匠、ベルイマンの「叫びとささやき」、スペインの「ミツバチのささやき」など名作がありました。インドの「遠い雷鳴」(インド度映画って踊って歌う以外もあるみたいです)はベルリン映画祭でグランプリに輝いています。

日本では最近リメイクされた「日本沈没」「仁義なき戦い」が大ヒット!仁義なき~で菅原文太が大ブレイクしました。「追われるもんより、追うもんのほうが強いんじゃ!」なんて文太が言ってました。

a0103230_22153545.jpgそういえば、この映画に出ていた「藤岡弘」は現在「藤岡弘」ですが。「、」の意味がわかりません・・



a0103230_2215599.jpg菅原文太と松形弘樹。監督は故深作欣二でした。




この年、世界ではベトナム戦争が終結。このあと「ディア・ハンター」「帰郷」などベトナムがらみの名作映画がでてきます。

ニクソン米大統領の盗聴事件(「ウォーターゲート事件」)もこの年。R.レッドフォードとD.ホフマン主演で「大統領の陰謀」という映画になりました。大統領といえば後の韓国大統領の金大中氏誘拐事件もありました。

石油がこなくなる!・・・いわゆるオイル・ショックではなぜかトイレット・ペーパーに人々が殺到しました。トイレット・ペーパーを買い占めた業者は大もうけしたとか・・・

そういえば日本人4人目となるノーベル賞を江崎博士が受賞しました。ノーベル賞もらった日本人全員いえます?えーと湯川、朝永、江崎、川端、・・・正解は12人です。当然、私は全員覚えていません(笑)

あ、そういえばノーベル賞のパロディでイグノーベル賞ってあるんですけでど・・・これがなかなか面白いんです!例えば・・・
*音響学賞:なぜ人々は黒板に爪を立ててこする音を嫌うかを研究する実験を指揮したことに対して。
*栄養学賞 :フンコロガシが食物である糞の好みにうるさいことを説明したことに対して
*経済学賞:「たまごっち」により、数百万人分の労働時間を仮想ペットの飼育に費やさせたことに対して
笑えます!さぁ!今すぐクリック!→ → イグノーベル賞
[PR]
by tatsurou0924 | 2007-08-21 22:04 | 映画 | Comments(0)
ナンチャッテなすぺしゃる企画ですが、今回もゆるーい話題です(ははは・・)
宮崎にもなんとかミュージアムなるものがあります。そこの企画で「昆虫展示企画」をやっていたので、マイ・チビッコ達と行くことに。ま、メインは当然ながら、カブトムシとクワガタムシです。

a0103230_218457.jpgでかっ!


しかし、その中でさすが!宮崎!ってモノを発見しました。かぶと虫なんかとオオカマキリが一緒に入っているのもどうかと思ったんですが・・・それよりも面白い虫が入っていました。
一瞬、かぶとのメスかなっと思ったら・・・それは大きなゴキブリでした。

a0103230_2172340.jpgオオカマキリが密かに狙っている黒い物体がGOKIです。

それも、一般家庭にいるゴキとはまったく違う種類です。調査の結果、たぶん、オオゴキブリの種類だと思われます。確かに遠目で見れば、かぶとのメスっぽいけど・・・

a0103230_217484.jpg一応、ナイト・ミュージアムで出てきそうなものもあるとです。



うーん、さすが宮崎。県外の皆様、このゆるさが病みつきになるかもしれませんよ・・・


オオゴキブリの詳しい写真は、皆さんがドン引きになるので掲載いたしません(笑)



a0103230_2182498.jpg
            スズメバチの巣・・パッチワークかっ!





a0103230_2183978.jpgこんげな亀が宮崎にいるそうな・・・
[PR]
by tatsurou0924 | 2007-08-20 21:09 | 宮崎 | Comments(0)
名作ぞろいの1973年の映画を語るにあたってこの映画ははずせません。その映画とはフレッド・ジンネマンの会心の1作
ジャッカルの日The Day of the Jackalです。


フレデリック・フォーサイスのベストセラーを映画化しました。リチャード・ギアとダイハードのおじさんがでた「ジャッカル」とは別もんです。2大スターに膨大なギャラを払って駄作を作った映画とは「そんなの関けぇねー」です!

ヨーロッパのテロ組織が当時のフランス大統領ドゴールの暗殺を計画しますが失敗。そこで、ゴルゴ13みたいな殺しのプロに依頼します。彼の名は「ジャッカル」。謎に包まれた男です。フランス警察もこの動きを察知し必死の捜査を開始。しかし、警察の捜査を間一髪のタイミングですり抜けてパリに近づき、ドゴール大統領の暗殺を謀ろうとするジャッカル。果たして・・・・


       コードネームは「ジャッカル」。目的はドゴール大統領暗殺・・・

ふつう、こんなサスペンスものはど派手な銃撃戦が映画の売りになりがちですが、「ジャッカルの日」は銃撃戦無しで見ているものを引き込みます。警察の追跡をかわしていく緊迫感がこの映画の最大の魅力です。
ジャッカル役のエドワード・フォックスがちょーちょーはまり役!ブロンドヘアーでブルーアイズのオシャレで冷徹な暗殺者を完璧に演じています。フランス警察のルベル警部役のミシェル・ロンスデールもフォックスと対照的な役を好演しています。

a0103230_1919745.jpgエドワード・フォックスの最高の当たり役!






a0103230_18594766.jpg冴えない風貌とは裏腹に頭脳は明晰のルベル。






a0103230_1946404.jpg

女性を口説く技も時としては身を助けます。イケメンじゃないと無理な仕事です(笑)



「この場面がいい!」その1ジャッカルの行動がバレバレになったとき、彼が右イタリア、左パリの標識の前で少し、ちゅうちょします。右へ行けば仕事を中止してリスクを回避できます。左は標的のドゴールがいるパリ。彼は左へハンドルをきります。そう、ドゴールのいるパリへ・・・プロの殺し屋としてのプライドが彼をパリへと向かわせたのか・・・そのときオープンカーに幌をかぶせます。少しでも顔を見せたくないという初めて見せたジャッカルの焦りの心理描写が個人的に好きですね。
a0103230_19008.jpg       右か左か・・・左はドゴールのいるパリ!



a0103230_19192574.jpg

                              さまざまな人物になり警察の追っ手を交わすジャッカル。




「この場面がいい!」その2ネタバレになるので詳しくは言えませんが、閣僚を集めた会議でルベル警部がある台詞を言うシーンです。見ればわかります。これはジャッカルファンには「そうそう!ですよね~ルベルが・・・!」って語られる場面です(笑)。


まだ見てない人に注意します。「ジャッカルの日」は24時間不眠不休で働く人の映画ではありません。その人はたぶんジャックです。


a0103230_19194938.jpg渋すぎるジャッカル。
[PR]
by tatsurou0924 | 2007-08-18 18:57 | 映画 | Comments(2)
OBONに友人がここ日向の国、宮崎に帰って来ました。一人は長州は山口県。夏でも涼しい鍾乳洞があったり、ふぐが美味しかったりする県です。もう一人はほんとに夏も涼しいビートルズの故郷、英国から。


飲み会のときにお土産をもらっちゃいました。飲み会に来た人限定です(エヘン)・・・って威張るところじゃないし・・・

宮崎の居酒屋系は安いっすよ!2時間ノミホーの6品+デザートついてなんと込み価格の2,800円。金利手数料は現金だと要りません(当たり前田のクラッカー、なつかすイー)で、結局2時間半いました(笑)


a0103230_0152441.jpg
あ、オミヤは山口のお土産が「ふぐパイ」・・・これって、夜のお菓子「うなぎパイ」の完全ぱくりパイじゃないすか~安倍ちゃん!山口県はぱくってますYO!

a0103230_0155762.jpg




a0103230_035676.jpgどこか似ている羊とふぐ。うーん、グローバル。東国原。







そして、女王陛下の英国はメモ帳!これがドコでもくっつく使えるメモなんです!え、それってポストイットと同じ・・・・(たらーり)・・・とにかく、お土産もらったんです!



a0103230_028186.jpgおー!ビールじゃなくて、発泡酒にもつくすぐれもの!

a0103230_0282068.jpgななんと!意外とシースルーなやつ。うーん、男心をくすぐりよるわい(笑)






a0103230_0283730.jpg
これが羊のメモ帳の裏!羊だけにメ~・・・モ帳。(はい、打ち水より涼しくなりました・・・くすん)



ところで、「おみやげ」を「おみあげ」と勘違いして打つことが多々あります(汗)お土産とお見上
うーん、パソコンって正直者・・・
[PR]
by tatsurou0924 | 2007-08-17 00:20 | 宮崎 | Comments(0)
a0103230_23415774.jpg宮崎県の西都市(さいとし)って知ってます?宮崎の内陸部にあるんですが、名物はピーマン、マンゴーそして古墳。

古墳群の中で特に有名なのが皇室の財産となっている九州では最大の前方後円墳、男狭穂塚(おさほづか)と女狭穂塚(めさほづか)です。

そこで生まれたのが、「おほほ」と「めほほ」のキャラ!しかも、こいつらは食べ物です。「前方後円墳型どらやき」なのです!8/12に食してみました・・・美味くてやばい!ほどではありませんが(笑)それなりに美味いです。ちなみにおほほが黒あん、めほほが白あんです。私が行ったときは白あんのめほほが売切れでした(人気者か?)。

味は普通でもキャラがいい!古墳を食べられるなんてここだけ~!え?別に古墳なんか食べんでもいい?・・・いや、古墳じゃなくて古代ロマンを食するのです!

話が無理やり大きくなってしまいましたが、おほほ君とめほほちゃんの曲がCDになってます。歌っているのが「ドレドレビーンズ」・・・うーん、どんな人たちか会ってみたい。


あ、古墳ドラは1個百円です。
[PR]
by tatsurou0924 | 2007-08-13 23:42 | 宮崎 | Comments(3)
スピルバーグの劇場用映画第1作はロードムービーの「続 激突 カージャック」です。我!最悪の邦題で私はこの題名を個人的に認めていません(プンプン)。原題はシュガーランド・エクスプレス。続~なんてへんてこな邦題がついたのはスピルバーグのTVムービー「激突!」の次作で車つながりだからでしょうか・・・(そんだけ~?)

実話を基に作られたこの映画はある若い妻が裁判所の命令で里子に出されたわが子を取り戻すために、夫を強引に脱獄させます。二人はパトカーを奪い保安官を人質にして、愛するわが子のいるシュガーランドへとひた走るのでした・・・


a0103230_215298.jpg熱演のゴールディ・ホーン(ルー・ジーン役)

a0103230_21522441.jpg


a0103230_21523959.jpg







スピルバーグの中でも隠れた名作の本編は主演の若い夫婦の妻ルー・ジーン役のゴールディ・ホーンと彼らを追うパトカー部隊をまとめるタナー警部役のベン・ジョンソン(念のため、100mを走る人じゃないです。)がいい味出しまくっています。


a0103230_21525629.jpg「ワイルド・バンチ」のベン・ジョンソンがいい役を演じています。上手い役者さんですね。

a0103230_21532210.jpgこのカットが好きでした。


スピルバーグはヒューマンドラマを上手に作る監督ですね。ルー・ジーンのピュアな人柄にタナー警部も人質の保安官もだんだんと引き込まれていきます。でも、彼らを捕まえるのが警察の仕事。この心の葛藤がなんとも優しい視点で画かれています。この後「シンドラーのリスト」や「プライベート・ライアン」で彼のヒューマンドラマは頂点に達します。

a0103230_21534231.jpg            行く先々で大騒ぎ!


人質の保安官スライド巡査(マイケル・サックス)がルー・ジーンに言います。「君はワルじゃない。心も優しい。人生のどこかで道を間違えたんだ。」

こんな人って映画には良く出てきますよね。悪気はないのにやることなすこと裏目に出てしまって。その典型です。幼くて世間知らずのルー・ジーンに好感を持てない人もいるでしょうが、憎めないキャラなんです。ゴールディは上手いですねぇ~。彼女はいつまでたっても年齢を感じさせない女優だそうで、まるで水戸黄門由美かおるみたいです(笑)
ちなみに夫、クロヴィス役はウィリアム・アザートン。ダイ・ハードシリーズにも出ていました。

「激突!」とこの「the sugarland express」は後のスピルバーグの得意ジャンルの両端(パニック映画とヒューマンドラマ)を見ているようです。
[PR]
by tatsurou0924 | 2007-08-12 21:58 | 映画 | Comments(0)