笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ

<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

選考主体のスェーデン・アカデミーのメンバーが、受賞後も沈黙しているボブ・ディランを「無礼かつ傲慢だ」と強く非難したそうですが。。。

やっぱり、上から目線の団体でしたね。ノーベル文学賞を授けてやった的な傲慢さ。無礼なのはどっちだって話ですよね。

ボブ・ディランは望んで受賞した訳ではありません。選考主体のスェーデン・アカデミーが「勝手に」選んだのです。

ノーベル賞の前には誰もがひれ伏すはずだと言う傲慢さ。

ノーベル賞なんてしょせん、ダイナマイトという人殺し兵器で得たお金で作った賞じゃないですか。

そんなもん、ボブ・ディランはいらないでしょう。

スェーデン・アカデミーの器の小ささがばれたこの発言。
ボブ・ディランには徹底的に無視して欲しいですね。



[PR]
by tatsurou0924 | 2016-10-22 20:24 | 社会ネタ

真田丸 予想的中!

40話も三谷さんの脚本力が凄かった・・・。
通常の大河ドラマにはない方広寺鐘銘事件の描き方でした。得意の「事後に当事者がその事を語る」と言う手法。文面を書いた坊主のキャラが効いてました。
それと同時に片桐且元がなぜ豊臣家を捨てたのかの背景も同時に描き、且元が家康に寝返る布石もありました。

きりと信繁の会話も良かったですね。信繁の一番の理解者はきりでした。
大坂の陣の後、彼女はどうなるんだろう。

a0103230_22372577.jpg



それはそうと、私の5月のブログ記事の予想が的中しました!
5月のブログにこう書いてました・・・
「しかし、次回で19回。残り31話・・・私の予想では10話を大阪の陣に使うのでそれまでは21話。」

ラスト10話。伝説の10話!





[PR]
by tatsurou0924 | 2016-10-09 22:30 | ドラマ

昭和の女優②

吉永小百合、松原智恵子と共に日活3人娘として絶大な人気を誇った和泉雅子さん。

高橋英樹とのコンビで活躍しました。また、山内賢とのデュエット「二人の銀座」が大ヒット!ユーチューブで見れますよ。歌は・・・上手くないけど(笑)
しかし、楽しそうに歌っている姿がすごく可愛いんです。
a0103230_23533956.jpg


お転婆で自分の気持ちをストレートに表現する娘役がぴったりです。大きな目で表情ゆたかに話す姿は他の女優にはない愛くるしさです。

しかも、「地球のてっぺんに立ちたい」と1989年には日本人女性で初の北極点に到達してます。「寒さに耐える為に太って脂肪をつけないといけないんです」とテレビで発言してたのを覚えてます。世の女性が競ってダイエットしている時にブクブク太ってました(笑)



因みに今は昔美人だった元気な小太りおばちゃんです。極地の紫外線でお肌もかなりシミができてます。太ってようがしみだらけになろうが気にしない。さばさばしていてざっくばらん。演じてた役は地だったみたいです。



[PR]
by tatsurou0924 | 2016-10-05 23:55 | 芸能
関ヶ原50秒、九度山14年間を90分・・・切れ味抜群の三谷脚本!

私が大坂の陣を10話で描いて欲しいと切望していた声が届いたのでしょうか(笑)

三谷さんの筆力なら関ヶ原から大坂の陣までを50話で書けると思います。
大河でなければ三谷さんはそうしたかったのかもしれません。

女性脚本家には無理でしょうね。大河で主人公の最後の6カ月に10話かけるなんて。

多分、大河史に残る伝説のラスト10話になるでしょう。


それにしても、心配なのが来年の「おんな城主 直虎」です。
彼女は本能寺の変があった約2ヶ月後に亡くなっています。
関ヶ原の18年前です。

いろんな歴史的エピソードは足りるのか?
女性脚本家特有の家族愛、悲恋物語、イケメンキャストいっぱい、側室制度の否定など甘っちょろい歴史物にならないのか?

脚本を書く方は「世界の中心で愛を・・・」、「仁」、なんかを書いてる凄い方ですが、大河で数字とるのは難しい時代ですから。

第2の「花燃ゆ」にならないか・・・今から心配です。







[PR]
by tatsurou0924 | 2016-10-03 23:39 | ドラマ