笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ
脚本自体は主人公が脇役だった「花燃ゆ」に比べると面白いし、柴咲コウのキャラクターも悪くないですよね。

前回も亀(高橋一生)や瀬名(菜々緒)を助ける為に奔走したりと見所もありました。

しかし、歴史ファンとしては序盤の最大の見せ場である「桶狭間の戦い」がまさかの数分で終わり。春風亭昇太師匠の怪演が光った今川義元の最後は地面に落ちた扇を映すと言うまさかのイメージ処理・・・

真田丸は大阪の陣がメインなので主人公にあまり関係のない関ヶ原をとばしたけど、井伊家が関わった桶狭間は大事でしょ。
しかも、信長も出てこないし・・・

やっぱり、女性大河はこれだから・・・なんだよね。

そして、毎回井戸に集まって竜宮小僧・・・
そんなに面白いかな?視聴者はその世界に入っていけません。

子役の頃に命が奇跡的に助かったとか強烈なエピソードが欲しかったですね。

直虎ってあまり文献が残っていないので作家の自由にできる部分が多いんですけどね。

このまま行けば男性と歴史ファンは離れて行きます。
女性の若い世代はそもそも大河を見ません。

そして、お決まりの「側室は許せない」の価値観。
子供が生まれないとお家の存亡にかかわるので側室はなくてはならない存在でした。

NHKもなんで女性脚本に意固地になるのか?

早くも再来年のクドカン五輪大河に期待が・・・

たのむ、直虎、巻き返してくれ!




[PR]
by tatsurou0924 | 2017-03-17 22:10 | ドラマ

おんな城主 直虎

まずは無難な滑り出し。子役の女の子が天真爛漫でいい芝居してましたね。
a0103230_13115785.jpg

どうせ、詳しい文献は残ってないんですから子役で10話ぐらいいっても良かったかもしれません(笑)ま、NHKの企画会議で却下されるでしょうけど。。。

歴史ファン、大河ファンの間では「真田丸」終了後の大河は暗黒期と呼ばれています。一番の不安要素が最近の女性脚本家の大河は面白くないという事実。


とんでも大河の「江」(2011)、当時の最低視聴率の「平清盛」(2012)、綾瀬はるかの無駄づかい「八重の桜」(2013)、最低視聴率記録更新の「花燃ゆ」(2015)すべて女性脚本家。

側室を持つ殿が後ろめたく描かれたり、歴史のエピソードを律儀に描くので主人公の影が薄くなったり、やたら家族愛を強調したり・・・
朝ドラなら良いんですがね。

戦国時代や幕末って現代からは想像を絶する時代です。武士はいつ死んでもおかしくない時代です。世継ぎがいないとお家断絶のリスク。殺さないと殺される時代。
現代感覚を入れ過ぎるとあまっちょろくて薄っぺらになります。

井伊直虎は実は男かも?という資料が最近発見されました。つまり、それくらいよくわかっていない人物です。しかも、序盤の「桶狭間の戦い」以降、井伊直虎は歴史的事件にあまり絡まないようです。
a0103230_13120844.jpg

あとは脚本家、森下佳子さんの筆力にかかっています。
橋田壽賀子さんは歴史上の人物がまったく登場しないオリジナル大河「いのち」(1986)で平均29%台を叩きだしました。

勝負は最初の5話です!








[PR]
by tatsurou0924 | 2017-01-09 13:14 | ドラマ