笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ

平清盛 22回 松ケンの危機

誤解が無い様に言っておきますが、今回は過去21回の中でもトップクラスのクオリティが出てました。

藤原頼長(山本)のあの惨めなさみしい最後・・・まさしく敗軍の将。過去の大河であそこまで描いたことがあったのだろうか。そのあとの、信西が日記を読むシーンとオウムの「チチウエ・・・」のシーンは國村さんの熱演もありドラマが悲劇的に盛り上がりましたね。

忠正は豊原さんの個性が光る名演技。来週を思ってうるうるになった方もいたのでは・・・

義朝と由良、為義のシーンもいいシーンでした。由良の涙を浮かべた表情など説得力ありました。

信西役、阿部サダヲさんのドライな演技にも磨きがかかってきました。清盛との出会いに時はあんなに人懐っこくて親しみを感じたのに・・・

松ケンの危機・・・これだけの名演、熱演に隠れてしまって主役の松ケンが目立たないのです。今回の大河の痛いミスは主役や物語を盛り上げるために配した役者が主役を食ってしまっていることです。

しかも、義経と頼朝、秀吉、信長、家康みたいにライバルが長きにわたって主役と共演できないので、主役がダメでも準主役での保険がききません!

それに、深きょん爆弾を抱えているんですぞ!さすがに最近、セリフを減らしてますがw

清盛の没個性化・・・いい人すぎてつまらない部分もありますね~、昔から言うでしょ~いい人すぎる男に女は魅力を感じないと(笑)

女性ファンは清盛派より後白河派が多いのでは?

最後に残る名優、家貞役中村梅雀さんに後を託します・・・・このままでは梅雀が泣いている・・・
[PR]
by tatsurou0924 | 2012-06-05 23:50 | ドラマ