笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ

真田丸 #25

三谷脚本が冴えわたりました。

利休の死後から話が始まりま。
実は利休の切腹は大谷が事後承諾で先走って命じたから・・になってます。
a0103230_01002368.jpg
プライベートは散々やけど、利休役はええんちゃう?


「(秀吉の子)鶴松様のご病気は利休のたたりではないなぜなら切腹を申しつけたのはこのわしだ」

しかし、その大谷刑部は後に難病を患いますよね・・・これって、布石ですかね?

しかも、利休の像が鳥居の上に置かれたのは利休を慕っていた茶々の何気ない一言が原因を作っていたのであった・・・

一歩間違えば、トンデモ大河になる所ですが、「歴史のタラレバ」を視聴者に存分に楽しませてくれました。推理仕立ての筆力が凄い!

さらに、信幸の沼田での孤軍奮闘をコミカルに描きつつ、極めつけは、鶴松様の為に昌幸がせっかく持ってきた薬草で煎じた汁を片桐且元が不慣れな為、汁を捨て出がらしを残してしまったくだりは爆笑。
そして、僅かに残っていた薬草で作った薬を昌幸がサンプルと思って食べてしまうのでした・・・

そして、最後は茶々の号泣で締める。

展開が早くて視聴者を飽きさせません。歴史ファンからすればまったく納得いかないでしょう。しかし、歴史的文献に残っていない部分は作家の想像力の世界です。

江(ごう)との差は歴然です。

三谷版「龍馬伝」が見てみたい・・・・



[PR]
by tatsurou0924 | 2016-06-28 00:53 | ドラマ