笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ

逃げるは恥だが役に立つ

はまってます。
ガッキ―がおじさんのハートを握力1000キロくらいでわしづかみです。

男言葉をつかわず、気が強くなく、男性に従順と言う「ほぼ絶滅した女性」をありえない可愛さで演じてますね。

特に、ハグの練習の時に、ガッキ―が星野源の胸に「やっ!」と言って飛び込むところは10回くらい見ました(笑)

もちろん、恋ダンスも20回くらい見てます!
a0103230_23272893.jpg
うちの中学3年の息子に「彼女作るなら、ガッキ―みたいな彼女を作れ。いや、むしろガッキ―で頼む。まだ、チャンスはある!」と言い続けています。

ガッキ―だったら40超えても50超えても息子の嫁にウエルカムです。




この、超プラトニックな純愛は成就するのでしょうか。吉永小百合や松原智恵子が銀幕で活躍していた頃の純愛ものを思い出しますね(リアルでは見てませんが)

昭和チックな純愛が凄く新鮮なこのドラマ。
原作者の目の付けどころがいいですね。

星野源は多分、ガッキ―にマジでメロメロでしょう。



[PR]
by tatsurou0924 | 2016-11-23 23:29 | ドラマ