笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ

感激の観劇。

遅ればせながら・・・ライオンキング観ました!圧巻のオープニングに大団円のラスト。ミュージカルが好きでない人も虜になります。

セットが凄い!いや、凄すぎる!劇団四季っていつも凄いセットを用意してきます。今回もど迫力でした。崖(プライド・ロック)はあるは、大きなライオンの顔は出てくるは、太陽はのぼるは・・・

多分、舞台裏じゃ「プライド・ロックの出のタイミングがさ、あと、コンマ5秒早く出せない?ビミューに役者の出が合わないからさ・・・」なんて会話があるんでしょうか。あると思います!

演出の浅利慶太氏曰く「台詞をかんだり、歌詞を間違ったりする役者は即役を降ろします。変わりは幾らでもいますから!」・・・キビスィ~

しかし、ライオンキングで一番感動したのは、観客の7割くらいがスタンディングオベーションになって、カーテンコールが少なくとも10回あったことですね。役者さんも「千秋楽じゃないのに!」って顔でびっくりしてました。最後は役者さんも客に手を振って両袖にはけて行きました。残った、サイやキリンやチーター達が首を振ってくれましたね。いやぁ~感激しました。役者さんの表情がだんだん変わっていくんです。芝居でサプライズを見せてくれた役者さんが観客のサプライズなカーテンコールでびっくり!

ミーアキャットとイボイノシシのコンビ、ティモンとプンバァ。肉食獣じゃないけど主役を食ってました。特に博多弁でしゃべるのがいいっすね。生で聞いたらオモローでした。他に江戸弁、大阪弁、名古屋弁があるそうです。
a0103230_2131465.jpga0103230_21322697.jpg

















a0103230_21331783.jpg

シンバ!最近の四季は韓国や中国の役者さんも多いです。アジア戦略でしょうか?(笑)でも、あると思います!
[PR]
by tatsurou0924 | 2008-07-29 23:56 | 芝居・演劇