笑劇2007

tatsu0924.exblog.jp

なんでもありの言いたい放題

ブログトップ

カキロ君の5000メートルは私の100メートルより早い!

冬の都大路を駆け抜ける、全国高校駅伝大会は男女とも留学生パワーがモノを言いました。

男子は名門広島県立世羅高等学校が優勝しました。3区を任されたケニアからの留学生、
カロキ君が凄かったです。

1位の昨年の覇者、佐久長聖(長野)に50秒近く離されていたのですが・・・走る弾丸 カロキ君が8人抜きをやっちゃいまして一気にトップに、そしてその後の区間もダントツで優勝しました。

a0103230_1720062.jpg

世羅高校の3年生のビタン・カロキ君(18)は5000メートルの自己ベスト記録、13分32秒79です。高校生の大会では目下「敵なし」の強さ。

つまり、彼は1キロ走るのに2分43秒弱しかかからないわけです。つまり100メートルを16.3秒平均で5キロを走るわけです。時速にすると約22.08キロですか・・・

いまの脚力で100メートルを16.3秒で走れるだろうか・・・カキロ君の5000メートルのペースに負けているような・・・


ママちゃりでも気張ってこがないとこのスピードで13分以上もこげません・・・アスリートは超人だ!
[PR]
by tatsurou0924 | 2009-12-20 17:40 | スポーツ